猫との暮らし

猫はベランダに出していいの?猫がベランダに出たがる理由はコレ!

室内で飼っている猫が窓際でよく外を見ていることがあると思います。
見ているだけではなく、こちらに訴えかけるように「ミャーミャー」と鳴き出す時もありますよね。

そんな時「あれ?ベランダに出たいのかな?」と、ついついベランダに出しそうになりませんか?

今回は本当に猫はベランダに出していいのか?猫がベランダに出たがる理由について解説していきます!

実際に我が家のココちゃんはベランダが大好きで毎日のようにベランダに出ています。

mika
mika
室内で猫を飼われている人は是非参考にしてみて下さい!

猫はベランダに出していいのか

結論から言うと、猫はベランダには出さないほうがいいです!という人がほとんどです。

猫をベランダに出すことはデメリットが多く、良かれと思った行動が思わぬ結果になる恐れがあるからです。

しかし私は出してあげても良いと思っています。

デメリットをしっかりと飼い主さんが理解し対策を取れれば、可愛い愛猫も気分転換が出来ると思っているからです。

対策をしないままベランダに出すことは非常に危険ですので、そこはしっかりと理解しておいて下さい。

あくまで対策をしっかりとした上でベランダに出しても良いという意味です。
対策については下記のブログをお読み下さい。

猫をベランダに出す時の対策!我が家の実践術!猫はよく窓際で日光浴をしていることがありますよね。鳥さんを目で追いかけたり、飼い主がベランダに出ようとすると一緒に出ようとしてきたり。 ...

猫をベランダに出すデメリットとは以下になります。

猫をベランダに出すことによるデメリット

①脱走して行方が分からなくなる

ベランダには猫がすり抜けられる箇所が沢山あります。

マンションであれば隣の家を仕切っている防火壁や、壁面にある鉄の仕切り壁の上など、マンションの作りによってそれぞれ異なりますが、猫が通れる箇所があるベランダは、その通り道から猫が脱走して行方が分からなくなる可能性は十分にあります。

猫は基本的に高い所が得意とされる生き物であり、マンションの2階や3階からならジャンプして飛び降りることも。

ベランダから自分で外に出た猫ちゃんは高い確率で興奮状態になるでしょう。自分の知らない世界で不安になり、野生の本能が発揮して逃げるスピードが大変早くなります。

一度逃げてしまったら二度と見つからないことも。

②高い所からの転落時の怪我

先程マンションの2階や3階から猫はジャンプして飛び降りることがあると言いましたが、故意的ではなく、足を踏み外したりして落ちてしまった場合には着地が上手く出来ずに怪我をする恐れがあります。

マンションの2階や3階から落ちた場合には地面までの距離が近く、猫が体勢を整える前に着地してしまう可能性が非常に高いからです。

猫によっては着地した時の衝撃で大怪我や死亡する可能性も十分にあります。

③死亡する恐れがある

マンションで飼われている猫に関しては3階以上の高さから転落してしまった場合、落ちた時の衝撃で死亡する可能性が非常に高くなります。

3階以上の高いところからであれば猫自体も恐れてしまい、自ら飛び降りることは少ないのですが、足を踏みはずしたり、何かしらの事故で落ちてしまった事例は多く上げられています。

また、上手く着地したとしても猫は興奮状態になりその場から立ち退こうとします。
その際に道路等に飛び出てしまい車と接触して死亡する可能性もあります。

④近隣に迷惑がかかる

防火壁の仕切りの隙間から猫がすり抜けてしまい、隣の家にいくこともあります。
ココちゃん(飼い猫)も何回か隣の家に行ったことがありました。

mika
mika
本当に焦ります。

その時は、おやつ(チュール)でおびき寄せることで戻ってきてくれたのですが、中には猫が怖気づいてしまい戻って来ない事例も他の飼い主さんから聞いたことがあります。

戻って来ない時には、隣の家の人にベランダに入らせてもらうなど大変迷惑が掛かってしまいますので注意が必要です。

隣の隣まで行ってしまうと、それはもう大変ですね。

ココちゃんは一度だけ3軒先まで行ってしまったことがあります(笑)
その時もおやつで戻ってきてくれましたが本当に焦りました。

猫をベランダに出すことによるメリット

猫をベランダに出すデメリットは他の記事サイト等では多くありましたが、メリットについてはあまり触れていませんでした。

しかし私は猫をベランダに出すメリットはあると思います。
私が思うメリットは以下になります。

猫の気分転換

猫は一日中家の中にいていることが多いと思います。

飼い主さんによっては「ずっと家の中にいるのが可愛そうだな」と思う人もいるかも知れませんが、基本的に猫は自分のいる家が縄張りとなり家の中だけでもストレスを感じずに過ごせています。

しかし、たまには気分転換として、風を感じたり直接日光に当たるなどの気分転換もさせてあげたいと思うのが飼い主の気持ちだと思います。

実際に我が家のココちゃんはベランダに出ると、とても気持ちよさそうにしています。
尻尾をふりふりして外を眺めたり、鳥さんを見たりして、時にはゴロゴロと鳴いたりもします。

coco
coco
ベランダは大好きニャ!!

やはり猫にもベランダに出ての気分転換が必要とまでは言えませんが、外に出ることにより喜びや楽しさを感じていることはあると思います。

猫と飼い主とのコミュニケーション

飼い猫がベランダやバルコニーで遊んでいる写真を撮影して思い出を残せたり、一緒にベランダで遊んだりして楽しい時間を過ごすことができます。

また家とは違ったコミュニケーションが取れると、私はそう感じています。

他にも落としてしまった洗濯バサミを叩いて追いかけたり、少しの隙間からお隣さんを覗いたりと、いつも笑いを貰っています。

メリット、デメリットのまとめ

メリットについては結局、飼い主の自己満足と言われればそうですが元々私は自分の欲求を満たすために猫を飼いました。

寂しい気持ちを軽減したい。
可愛くて癒やされたい。
猫と一緒に生活がしたい。

ベランダで飼い猫と一緒に遊ぶことは間違いなく私の欲求ではありますが、では何故猫を飼っている人は猫を飼い始めたのでしょうか?

色々な理由があると思いますが、私は猫を飼いたくて飼いました!

だから私の欲求を満たしてくれているココちゃんをもっと楽しませてあげたい!
そう思うからこそ対策を万全にし、ベランダでココちゃんと毎日遊んでいます。

猫をベランダに出すことは危険!絶対に出さないほうがいい!という記事サイトは多いですが、一概に私はそうは思いません。

危険なことはあっていますが、その危険な要素を潰しさえすればより快適に愛猫との生活が送れると思います。

猫がベランダに出たがる理由について

日光浴をしてエネルギーの温存

なぜ猫は日光欲が好きなのか。

それは陽の光を浴びることで体温を一定に保とうとしているからです。
猫は体の仕組みで体温を一定に保とうとする生き物です。

寒ければ体を動かして体温を上げ調整を行いますが、動いた分エネルギーを消費してしまいます。

猫は野生の名残で昼間はエネルギーをなるべく温存し、夜になるとそのエネルギーを解放して獲物を狩りにでかける習性があります。

夜になると急に猫による運動会が始まるのも、この有り余ったエネルギーを解放しているからなのです。

しかし昼間でも体温は保ち続けたい。
でも動きたくない。

そこで陽の光を浴びる事により、動くことなく体温を保てることを知っている猫は、その場所を好み移動をするのです。

外だと直接陽の光が浴びれるので、猫がベランダに出たがる理由の一つとなります。

縄張りのチェック

もう一つの理由は縄張りのチェックになります。

これも野生の名残であり猫の習性となります。
猫は自分の縄張りを非常に強く意識する生き物です。

縄張りについては以下の記事でもう少し詳しく書いているので合わせて読んでみてください。

猫がスリスリしてくる9つの理由を徹底解説!猫のスリスリとは猫ちゃんが体の一部を擦り付ける行為のことです。でもなんで猫ちゃんはスリスリするの?どんな時にスリスリするの?猫ちゃんがスリスリしてくる時の気持ちは?そんな猫ちゃんがスリスリしてくる時の気持ちを飼い主目線で解説しました。...

一度ベランダに出た猫はその場所が自分の縄張りと認識し、他のよそ者が入ってきていないかの確認をしたくてウズウズします。

縄張りを確認することで、安心して落ち着きたいと思っているのですね。

鳥や虫など動く物を見つけた時

最後の理由の一つとして猫は動く物に敏感で鳥や虫などがベランダに現れると、「獲物が来た!」と思い外に出て捕まえにいこうとします。

実際にココちゃんはベランダで鳥の動きをよく観察しています。またベランダに虫がいると、手でちょんちょんと触り遊んでいたこともありました。

動く物を見つけた時は本能で追いかけたいのですね。この時は対策なしにベランダに出すのは非常に危険ですので注意して下さい。

鳥などは高い位置にいていることが多く、猫が本能のままに壁を乗り越えて転落する可能性が非常に高いです。

まとめ

猫をベランダに出したいのであればデメリットをしっかりと理解した上で、出すか出さないかの判断が必要となります。

出す場合には万全の対策をし、ベランダに猫が出ている時には飼い主さんも目を離さないようにすることをお勧めします。

可愛い愛猫の為にベランダ対策を一生懸命に施して、出すことも良し。
あえてベランダに出さない選択も全然良いと思います。

結局のところベランダであろうが家の中であろうが、危険な所はいっぱいあります。
それをいかにして安全に猫が暮らせるかの努力をするのは飼い主さんの役目だと思います。

私はココちゃんが生活する範囲を少し広めたぐらいの感覚でベランダに出していますよ。

万全な対策のもとで

猫をベランダに出す時の対策!我が家の実践術!猫はよく窓際で日光浴をしていることがありますよね。鳥さんを目で追いかけたり、飼い主がベランダに出ようとすると一緒に出ようとしてきたり。 ...
ABOUT ME
mika
mika
このブログでは、実際に猫を飼っている人が『愛猫との暮らしをより豊かにする方法を学べる場所』です。『猫と暮らしていく中で、困ったことや、気付いたこと』などの情報を”飼い主目線”で分かりやすく、伝えていくことを心がけています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です